桐光学園 小川航基
a0163833_20582384.jpg


a0163833_20584032.jpg


a0163833_20591636.jpg


a0163833_20592667.jpg


その大半が、Jの下部チームの選手が選ばれる世代別の代表の中で、部活動の選手ながら、U-18日本代表の主力選手としてゴールを量産するストライカーとして注目されている、桐光学園の小川航基。

年代的には、2017年に行われるU-20W杯や、20年に自国開催が決まっている東京五輪を戦う年代の選手として、活躍が期待されている。

180センチ、70キロと恵まれた体格からは、両足、頭と様々な形からゴールを狙う事が出来るFWとして、勿論の事ながらプロからも注目されていたが、卒業後は、来季からJ1へ昇格するジュビロ磐田への入団が決まった。
by shi-taka5151 | 2015-12-06 22:11 | サッカー | Comments(0)
<< FCバルセロナ ルイス・スアレス 浦和レッズ 槙野智章 >>