「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
第83回選抜高校野球大会 ~関西×東海大相模~
a0163833_20565354.jpg


a0163833_20571252.jpg


a0163833_2115445.jpg


a0163833_20574342.jpg


a0163833_2058080.jpg


a0163833_21233100.jpg


a0163833_212514.jpg


a0163833_215421.jpg


東海大相模の先発は2年生の庄司君でしたが、何とこの試合が公式戦初登板だったそうです。
大会前の練習試合での13イニング連続無失点の好調さを買われて、今回の大役に抜擢。
最速127キロの直球と90キロ台のカーブを上手く組合せ、関西打線を6安打・1失点に抑えました。
中学時代に、全国大会出場を果たしてはいるものの、9回を投げ切ったのは今回が初めてだとか。

因みに、相模のキャプテンで4番を打つキャッチャーの佐藤君は、俳優の柳葉敏郎さんの甥っ子です。
by shi-taka5151 | 2011-03-30 21:19 | 高校野球 | Comments(0)
第83回選抜高校野球大会 ~浦和学院×鹿児島実業~
a0163833_2092611.jpg


a0163833_2010823.jpg


a0163833_20122188.jpg


a0163833_20104523.jpg


a0163833_20112080.jpg


a0163833_20153511.jpg


a0163833_2012222.jpg


a0163833_20131758.jpg


a0163833_2013356.jpg


今大会で、個人的に一番見たかったのがこの試合でした。
埼玉の代表として出場した浦和学院。
2年生エースの佐藤君を関東大会で初めて見たのですが、一番驚かされたのが打順が1番であること!
ピッチャーで1番なんて、過去に1度しか聞いたことありせん(笑)
打順にも驚かされましたが、ピッチングもなかなかの物で、球速こそ130キロそこそこですが、抜群の制球力と、上手く緩急を使い分けたピッチングが印象的でした。
1年春に遊撃手としてメンバー入りしただけあって、フィールディングも良く足も速く、随所にセンスを感じられる選手でした。

この冬を越えて、どれだけ成長したのか凄い楽しみにしていたのですが、この試合では7四死球、3暴投とまさかの結果となってしまいました。
フォームが秋と違うなぁとは思ったのですが、大会前からフォームを崩していたらしく、悔いが残る試合となってしまいました。

鹿児島実業は、秋の九州大会を制し明治神宮大会でも準優勝したチーム。
エースの野田君は、出場校のエースの中で一番の防御率を誇り、この試合でも2ケタ安打を浴びながらも3失点と粘りを見せました。
鹿実はこの勝利が、春夏通算で30勝目だったようです。

鹿実は、今日の試合も勝ちベスト8入りを決めました。
浦学はもう学校に帰って、夏に向けて相変わらずの猛練習をしているんでしょうね(笑)
by shi-taka5151 | 2011-03-30 20:52 | 高校野球 | Comments(7)
第83回選抜高校野球大会 ~報徳学園×城南~
a0163833_21291413.jpg


a0163833_21283883.jpg


a0163833_21301262.jpg


a0163833_21314769.jpg


a0163833_21323114.jpg


a0163833_21341410.jpg


a0163833_21352712.jpg


a0163833_2136447.jpg


a0163833_2137384.jpg


昨年の夏の甲子園で4強入りした報徳学園。
4強入りに大きく貢献した、当時の1年生の田村君がエースとして、また甲子園に帰ってきました。
体は170センチと、上背はないが140キロを超すストレートで押していく本格派右腕です。
この日の試合でも、自己最速を3キロ上回る147キロを記録。

背格好と言い、ピッチングフォームと言い、元パイレーツの桑田真澄氏にそっくりな田村君。
当時の桑田氏と重ねて見ている人もいたのではないでしょうか?

しかし、試合は21世紀枠で初出場の徳島の城南高校に5-8のまさかの初戦敗退となってしまいました。
この城南高校と言うのは、あの有名な仙石由人内閣官房副長官の母校です。
by shi-taka5151 | 2011-03-29 21:59 | 高校野球 | Comments(0)
第83回選抜高校野球大会 ~国学院久我山×九州学院~
a0163833_21175274.jpg


a0163833_2118235.jpg


a0163833_2117921.jpg


a0163833_21185835.jpg


a0163833_2119182.jpg


a0163833_21202229.jpg


a0163833_2120392.jpg


この試合は、昨年の夏の甲子園で清原以来となる1年生で4番を任されホームランを打った九州学院の萩原君に注目していましたが、この試合では3打数無安打と抑え込まれてしまいました。
4月から新2年生と言うこともあり、今後の活躍が期待される選手です。

この試合の記事を翌日に読むまで知らなかったのですが、久我山のエースの川口君も新2年生でした。
しかし、川口君が最初の2回で合計7失点と波乱の幕開けとなった試合でしたが、川口君が3回以降は立ち直り、それ以降は2安打・無四球に抑える活躍を見せました。
この試合で、川口君は自己最速の145キロをマークし、打線も6点差を追いつき、久我山ムードかと思われましたが、最終回に2死から3塁打を許し、最後は自らの暴投によりまさかの幕切れとなってしまいました。
バッテリーを組んでいた菊池君も2年生と、夏以降も今後の期待が出来る久我山バッテリー。

さて、春の都大会に久我山の試合でもいって見ようかなぁと思っています。
by shi-taka5151 | 2011-03-28 21:47 | 高校野球 | Comments(0)
第83回選抜高校野球大会 ~総合技術×履正社~
a0163833_20471846.jpg


a0163833_20515820.jpg


a0163833_20475119.jpg


a0163833_20481061.jpg


a0163833_20484337.jpg


a0163833_20511328.jpg


a0163833_204966.jpg


a0163833_20492395.jpg


この試合の履正社の先発は背番号18番の渡辺君。
昨秋の公式戦の登板は僅かに2試合のみと言う。
エースの飯塚君が20日の練習試合で負傷し、投げられなくなった為、先発の代役が回ってきたようだが、監督が本人伝えたのは、試合当日の朝のメンバー発表時とのこと。
しかしながら、終わってみれば2安打完封と言う離れ業をやってのけてしまいました。

対する今大会が初出場の総合技術の先発の伊田君も4失点ながらも、9回を105球、被安打4と履正社打線を抑え込みました。初回に外野手のエラーにより2点を失いましたが、その後は6回に内野安打を許すまでは無安打と好投しましたが、8回に3安打、2四球とつかまり追加点を許してしまいました。

因みに、この試合は渡辺君も球数が102球と少なく、試合時間も1時間22分とかなりのスピード試合となりました。
by shi-taka5151 | 2011-03-28 21:15 | 高校野球 | Comments(0)
第83回選抜高校野球大会 ~智弁和歌山×佐渡~
a0163833_236363.jpg


a0163833_2365414.jpg


a0163833_2373337.jpg


a0163833_2375037.jpg


a0163833_23104813.jpg


a0163833_238347.jpg


a0163833_2385069.jpg


a0163833_2314374.jpg


どうも、お久しぶりです。
約1ヶ月振りの更新でしょうか?
前回の更新以降は、撮りたいのがなかったり仕事だったり、それと何と言っても震災の影響でスポーツイベントの開催が自粛となり、撮りたくても撮れないと言う状況が続いていました。

今回の選抜も、震災の影響で開催が危ぶまれたイベントの1つですが無事に開催される事となりました。
ただし、今回は吹奏楽の応援やナイターの使用の自粛などもあり、普段よりも試合展開が早く、応援も地方大会の予選のような感じで今一つ迫力や雰囲気が足りなかった気がします。
改めて、吹奏楽の重要性が分かった大会でもあった気がしますが、選手たちは毎年と変わらずの全力プレーで見る人の心を熱くしてくれました。

土日の6試合を今回は観戦に行ってきました。
最初は甲子園の常連校の智弁和歌山と21世紀枠での初出場となった新潟の佐渡高校の試合でした。
5回までは1-2と互角の戦いを見せた佐渡高校でしたが、6回から3イニング連続の失点で最終的には1-8で初勝利はお預けとなってしまいました。
それと同時に、智弁の高嶋監督は甲子園通算60勝と言う節目の試合だったそうです。

佐渡のエースの鎌田君は予選を一人で投げ抜いただけあって、良い球を投げていたと思います。
この試合も、164球を投げ完投したものの、14安打を浴び8失点と智弁和歌山の打線の方が上手だったでしょうか。

見ていて、なかなか好感を持てるチームだったと思います。
秋は県で準優勝し、北信越大会にも出場した佐渡高校。
夏は新潟を制して、また甲子園に戻ってきてもらいたいです。
by shi-taka5151 | 2011-03-27 23:42 | 高校野球 | Comments(0)