「ほっ」と。キャンペーン
<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
第21回全日本セパタクローオープン選手権大会
a0163833_2053314.jpg


a0163833_19474448.jpg


a0163833_19491395.jpg


a0163833_20595218.jpg


a0163833_2051389.jpg


a0163833_1955558.jpg


a0163833_1956877.jpg


a0163833_2041973.jpg


a0163833_2054925.jpg


a0163833_20272271.jpg


a0163833_20172214.jpg


a0163833_20195655.jpg


a0163833_20225954.jpg


a0163833_20214740.jpg


週末に行われた、ゼパタクローの全日本オープン。
この大会の閉会式で、10月に開催されるアジア大会の代表選手が発表されました。
選ばれた選手は、以下の通りです。

男子日本代表選手
寺本 進(SOLUM株式会社)
寺島武志(阪神酒販株式会社)
林 雅典(ゼビオナビゲーターズネットワーク株式会社)
内藤利貴(日本体育大学)
高野征也(ゼビオナビゲーターズネットワーク株式会社)
佐藤 翼(西武信用金庫)
小林裕和(加圧トレーニングスタジオ HAPPINESS)
山田昌寛(SC TOKYO)
坂本竜太郎(加圧トレーニングスタジオ HAPPINESS)
清水敦希(加圧トレーニングスタジオ HAPPINESS)
石塚雅之(亜細亜大学)

女子日本代表選手
川又ゆうみ(上智大学)
佐藤雪絵(カイロプラクティック武蔵境駅前整骨院)
青木沙和(ゼビオナビゲーターズネットワーク株式会社)
渡邉由香(税理士法人オフィス921)
奥 千春(日本工学院八王子専門学校)
石原里美(羽田エアポートエンタープライズ)

選ばれた選手の方々には、国を代表して、前回大会より1つでも上の結果を出せるよう、私は写真を通して応援しております。
by shi-taka5151 | 2014-06-30 21:25 | セパタクロー | Comments(0)
名古屋大学 七原優介
a0163833_2345559.jpg


a0163833_23443812.jpg


a0163833_23444837.jpg


a0163833_23453965.jpg


今回の大学日本代表で、京大の田中の以外に国立大学で、もう一人選ばれていたのが、名古屋大学の七原優介。
田中と同様に、残念ながら今回の代表には選出されなかったが、合宿では自己最速の152キロをマーク。
投げ終わった後に、自然と出たであろう笑顔が印象に残ってます。

卒業後は、プロではなく社会人野球のトヨタ自動車入りが確実との報道も出ているが、田中と共に国立大学からのプロ入りで、明るい話題を提供してほしいものです。

てか、京都大学と名古屋大学の定期戦とかないのかなぁ?
あったら、田中と七原の投げ合いを見てみたい。
by shi-taka5151 | 2014-06-27 00:05 | 大学野球 | Comments(0)
京都大学 田中英祐
a0163833_2253557.jpg


a0163833_2254579.jpg


a0163833_22541897.jpg


a0163833_22573156.jpg


a0163833_2255322.jpg


金曜日から今日にかけての3日間、大学野球の日本代表の選考会が行われました。
今回は、国立大学のあの京都大学と名古屋大学からも候補選手が。

その中でも、京都大学の田中英佑には、以前から注目していました。
春季リーグ戦の前から、マスコミにも注目されており、本人もプロ志望だとか。
生でピッチングを見たのは、今日が初めてですが、率直な感想としては、京都大学にこんなピッチャーがいたのか!?って感じです。

今回の選考では、代表には選ばれませんでしたが、今後の動向には注目しておきたい選手の一人だと言う事に変わりありません。
7月の5、6日に東京大学で東大とソウル大学との交流戦があるそうです。
そこでの、登板に期待!
by shi-taka5151 | 2014-06-22 22:57 | 大学野球 | Comments(0)
東京ヤクルトスワローズ 由規
a0163833_22411848.jpg


a0163833_22413429.jpg


a0163833_22414652.jpg


a0163833_22415758.jpg


高校時代に、甲子園で最速155キロを記録し、『みちのくのプリンスK』と称され、2007年のドラフト1位でヤクルトに入団した由規。

2年前の4月の練習試合を最後に、怪我の為に登板は無かったのだが、今日のファームの対フューチャーズ戦で先発し、2年振りの登板を果たしました。
先発して、1回を打者4人に対し四球を1つ与えるものの、三振2つを奪い、ストレートの最速は155キロを記録。

試合前の先発発表のアナウンスで由規の名前がコールされた時、歓声が湧き起り、ブルペンに入ればお帰り~!の声が。
マウンドに上がった時の、歓声や拍手は感動的な光景でした。
by shi-taka5151 | 2014-06-14 23:04 | プロ野球 | Comments(0)