第95回全国高等学校サッカー選手権大会 決勝

a0163833_22502104.jpg
a0163833_22504173.jpg
a0163833_22575268.jpg

a0163833_22584161.jpg

a0163833_22585701.jpg

a0163833_23173176.jpg

a0163833_22590821.jpg

a0163833_23001275.jpg

a0163833_23002724.jpg

a0163833_23012362.jpg

a0163833_23020045.jpg
a0163833_20474317.jpg
a0163833_23150056.jpg

a0163833_23025204.jpg

a0163833_23031668.jpg

a0163833_23065887.jpg

a0163833_23034406.jpg

a0163833_23085527.jpg
a0163833_20481103.jpg
a0163833_23090719.jpg

a0163833_23114096.jpg

a0163833_23132146.jpg

a0163833_23133537.jpg

a0163833_23134359.jpg
優勝した青森山田は、念願の選手権初優勝。
今季は、プレミアリーグのチャンピオンシップも制し、実質的に高校生ナンバーワンの称号を手にしました。





# by shi-taka5151 | 2017-01-12 20:49 | サッカー | Comments(0)
長崎総合科学大付属 安藤瑞季
a0163833_00073525.jpg
3つ上の兄も、同校でエースストライカーとして活躍し、兄と入れ替わりで入学。
昨年は、サニックス杯のU17代表のメンバーにも選ばれた。
今回の選手権では、鹿児島城西との対戦で、同学年で共にU17代表に選ばれた生駒仁とのマッチアップは見ものだった。


# by shi-taka5151 | 2017-01-09 00:18 | サッカー | Comments(0)
鹿児島城西 生駒仁
a0163833_21375848.jpg
昨年の選手権では、2つ上の兄とCBのコンビを組み、その後のサニックス杯で、U-17の代表に選出された。
今大会は、Jクラブ内定者を3人擁する、東福岡に敗れはしたが、プロのスカウトから熱視線を送られていた。

# by shi-taka5151 | 2017-01-05 21:46 | サッカー | Comments(0)
東福岡 藤川虎太朗
a0163833_22424802.jpg
小田と共に、昨年の2冠達成時のチームに、2年生ながらレギュラーとして、総体と選手権では優秀選手を。総体では得点王を獲得した。
東福岡の中でも、超攻撃型選手として君臨し、チームの攻撃の起点として活躍。
昨年から、注目度の高かった選手でしたが、卒業後はジュビロ磐田への入団が決まっています。

# by shi-taka5151 | 2017-01-03 22:59 | サッカー | Comments(0)
東福岡 小田逸稀
a0163833_22020349.jpg
昨年の総体・選手権の2冠を取った、1つ上の代からレギュラーとして活躍。
今回の選手権の初戦の、東邦戦では、相手から「プロで通用する球際とか空中戦だったんじゃないかなと」言われるほど。
先制点の起点を作ったのも、超攻撃型左SBの小田からだった。
空中戦や1対1での強さも発揮し、初戦突破に攻守で貢献した。
卒業後は、先月のCWCで準優勝した鹿島アントラーズでプレーする。

# by shi-taka5151 | 2017-01-03 22:28 | サッカー | Comments(0)