東日本大震災復興支援試合 ~社会人選抜×大学選抜~
a0163833_11281556.jpg


a0163833_11291223.jpg


a0163833_11295226.jpg


a0163833_11304032.jpg


a0163833_1152341.jpg


a0163833_1131031.jpg


a0163833_11524984.jpg


a0163833_114024100.jpg


a0163833_11404290.jpg


a0163833_11573877.jpg


昨日、東京ドームではプロとアマの震災の復興支援試合が行われました。
アマの試合は、チケット代もプロに比べたら激安で1000円で入れると言ったお得ぶり。
今年のドラフト候補達も数名参加しており、翌日のスポーツ紙には1位指名候補の亜細亜大学の東浜巨(上から2枚目)の記事がちらほらと。

個人的には、社会人選抜の先発の富士重工の畠山太に注目。
実はこの人、私と同じ歳で横浜高校のエースで甲子園でも活躍していた選手。
高校の時の綺麗な投球フォームが今も私の脳裏に焼き付いていたのですが、10年振りに見たフォームは、日ハムの八木のようになっていてビックリしました。
試合後に、たまたま話したおばさんが偶然にも畠山君のお母様と言った奇跡も起こり、当時の甲子園でのお話など聞かせて頂きました。
この日は、孫を連れて太パパの応援とのこと。

この試合は、3塁側カメラマン席の真後ろからの撮影でしたが、隣に座った人がプロのカメラマンさんで、オリンピックやワールドカップの撮影にも出向いている方で、私の師匠の協会に所属しているお方でした。
現在のカメラマンの事情を聞いていると、写真1本で食べてくには、かなり厳しいご様子でした。
それでも、その世界で食っていけてるのだから、かなりのお方だったんでしょうね。

そのカメラマンのO氏にフリーカメラマンの撮影の仕方を少しながら伝授させて頂けました。
その、O氏がセガサミーの大山暁史(下から3、4枚目)はドラフト候補との情報を頂き、今回は載せときました。
168センチと上背はないながらも、全身をバネのように使い、最速146キロの力強い速球が武器。
日ハムの武田久に似たタイプかも。

なお、この日の撮影は久しぶりにJPEGです。
by shi-taka5151 | 2012-03-11 12:23 | 大学野球 | Comments(0)
<< 侍ジャパン 浅尾拓也 第11回全日本セパタクロージュ... >>